さんだーさんだ!(ブログ版)

旧「◯◯な英語教員に、おれはなる!!!!」 - 大学院を終え、2015年度より中高英語教員になりました。

English Book Club200220 "The Visitor" Chapter8後半

The Visitor: (Jack Reacher 4)

The Visitor: (Jack Reacher 4)

  • 作者:Lee Child
  • 出版社/メーカー: Bantam
  • 発売日: 2001/04/01
  • メディア: ペーパーバック
こちらの読書会を昨日も行なった。前半は軽井沢でもコロナ無縁じゃないかも,という話で雑談し,後半は第8章の残りを読んだ。

The buildings of the city receded behind them and gentle forest built ahead.

「彼らは町並みを通り過ぎ,行く手にはひっそりとした森が広がっていた。」とかかなあ。無生物主語で書くのも面白いな。

She eased nose-first into a slot and shut down.

ここでのeaseは,ゆっくり動かす,程度の意味。ふむふむ。海外では前向き駐車が普通のところも多いみたい。

'Marines,' she said. 'They gave us sixty acres of land for our place.'
He smiled. 'That's not how they see it. They figure you stole it.'

FBIのエージェントであるsheと,主人公heの会話。FBIとmilitaryの間の緊張関係もテーマの一つで,ここではそれを主人公Reacherが皮肉っている。「海軍がくれたっていうけど,彼らはそう思ってないだろう。盗まれたって思ってる。」

Standard apparel seemed to be dark blue sweats with FBI embroidered in yellow on the front and back, like it was a fashion label or a major-league franchise.

embroiderという単語を知らなかった。汗 刺繍する。

道路のundulation:起伏が車のスピードを落とす,という話の中で,リーディングパートナーの方から'sleeping policeman'という言葉を教えてもらった。画像検索すると分かりやすい。
sleeping policeman - Google 検索
面白い表現だな。

彼女が引っ越しということで,次は4月になるとのこと。いやはや,開校後やん!