さんだーさんだ!(ブログ版)

2015年度より中高英語教員になりました。2020年度開校の幼小中混在校で働いています。

教育の歴史(コテンラジオ)⑦中国の教育 〜なぜ彼らは儒教OSを選んだのか?〜(後編)

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
最近終わっちゃったのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#203 中国の教育 〜なぜ彼らは儒教OSを選んだのか?〜(後編) | 歴史を面白く学ぶコテンラジオ

  • 始皇帝の死後、秦はすぐ滅びる。
  • その後、漢王朝劉邦。秦が法家思想がちがちで反乱が起きていたので、この劉邦が「人を殺すものは死刑、人を傷つけ、および盗むものはそれぞれ処罰」とめっちゃ簡略化した。それまで民衆は「これやると罰せられるのかな…」とストレスフルだったのだが、それがなくなった。
  • 漢王朝をどう統治するか考える上で、儒教の「礼」という序列関係を重んじる思想は使えそう、となり、儒学者董仲舒が現れる。彼の儒教思想荀子的なもの、つまり法家と儒教が一本化されたもの、という説が濃厚。
  • 儒教はビジョナリーだが、中のシステムは弱い。そこを法家思想でかためている。
  • もうひとりのキーマンが文翁(ぶんとう)。彼が地方の官僚教育のプロトタイプをつくった。
    • 漢の時代に蜀という辺境の地でつくったというのもポイント。漢帝国なんか知らないよ、というような場所をどう統治していくかというところにニーズがあった。
  • まず蜀の地元の見どころある若者を選んで儒教を教え、中央の朝廷に派遣して仕事をさせる。そこで修行した後にまた蜀に帰ってきてもらう、という循環。
    • 儒教という共通の思想が、地方と中央と離れていても、「国を治めるトップはこういう人がいいよね」というところに共通理解を生んだ。
    • また、儒教は葬式などの昔の宗教儀式の流れを汲んでいる。単に国家システムの話ではないので、生活に密着した形で民衆の教化にも使える。
    • 古来から続いている思想、というブランド力もある。
  • 文翁は、蜀で官僚育成学校をつくった。ここで頑張ると、中央に派遣されて…というキャリアアップの道筋が明確で、人が集まるようになった。
  • 儒教というソフトウェアを作ったのが孔子儒教のソフトを国家というハードウェア上で動けるように改造したのが荀子。ハードウェアに儒教ソフトインストールしたのが董仲舒。最後に儒教ソフトの配信するプラットフォームの最初期のモデルを作ったのが文翁。この四人の人によって中国の儒教ベースの教育システムが立ち上がった。」これすごいなあ…!!
  • その後、唐王朝。国がやる教育として、王族向け・貴族向け・庶民のエリート向けの学校があった。内容的にも、法律、書道、算術、道教、踊りに音楽、医学などなど、専門分化した学校が多様にあった。
    • 基本的には後の時代もこの教育の仕組みをベースにしているようだ。日本も遣唐使を送ってこの時代の唐にたくさん学んでいたよね。
  • 書院(私人の図書館)も、中国の教育の特徴の一つ。教育リソース、人材育成のセーフティネットとして機能(宋王朝は国主体の教育にお金を割けなかったが、お金を出すから書院の方で教育をさせて人材を王朝に送ってもらっていた)。
  • 科挙も当然中国の教育の大きな特徴。
    • これについては有料版のポッドキャストでしか詳しくは聞けないらしい。笑
    • 科挙はすごいシステム。どんな人にもチャンスがあるように、客観的な試験にしていく。最後には殿試といって、皇帝自らが面接するシステムになっていたそう!
    • こうした公正な制度で、優秀な人材が(派閥などに関係なく)登用されることとなった。
  • 多くの地域を、一つの強力な集権国家としてまとめ、権力が同一のシステムで人材育成をするのが中国の教育の特徴。ヨーロッパにはなかった。
  • また、儒教実学的ではないというところにも言及されている。
    • すなわち、儒教を学んでも、行政事務ができるようにはならない(もちろん別で算術を学ぶなどはするが)。
    • 儒教という強固な「建前」があるため、腐敗政治に陥りづらかった。

国の置かれた地政学的な特徴が、社会のあり方を決め、それが教育のあり方も決める、というのは面白い。現代はグローバル化が進んで、置かれた地域にあまり関わらない教育が可能になりつつある(からこそ、OECDの共通テストなんかで一喜一憂するのかも)が、はたしてこの先にどのような社会が、そしてどのような教育が待っているのか。

あー、改めて、教育思想史とか勉強し直したいな。

教育の歴史(コテンラジオ)⑥中国の教育 〜なぜ彼らは儒教OSを選んだのか?〜(前編)

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
最近終わっちゃったのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#202 中国の教育 〜なぜ彼らは儒教OSを選んだのか?〜(前編) | 歴史を面白く学ぶコテンラジオ

  • 今回からアジア。
  • 中国の定義:中華大陸に立った王朝をまとめてそう呼ぶ。
  • 儒教思想②国家主導③すさまじい仕組み化、の3つがポイント。
  • 紀元前1700年から。殷や周という国家。教育活動の痕跡はあったが、制度はまだない。学校はあったという後の時代の記載も。
    • 大学と小学、郷学などがあった。学習内容は、六芸。礼(儀礼)・楽(音楽)・射(射撃)・御(馬術)・書(文学)・数(算数)。
    • いろいろな古い時代の教育内容に、だいたい音楽が入っている。CDとかないから、弾ける人を育てないと途絶えてしまう、ということか。
    • 算数も、食料の輸送や人員配置などについても学んでいたらしい。
    • 家庭の中での教育についても扱われていたらしい。8歳になったら礼儀作法を教える、とか。
  • 殷の次の周では、礼を用いて他国を従える、というような使われ方をした。君主は君主、臣下は臣下のなすべきことをする、という教えなので、ヒエラルキーがしっかりして、統治に向いている感じ。
  • その後、各地の諸侯の力が強くなり、春秋戦国時代に。既存の社会システムが崩壊する中で、いろんな人がいろんなことを考え始める。諸子百家儒教と法家が最大勢力となった。
  • 儒教孔子が体系化。古き良き時代に立ち返れ、というのが主旨。六芸を重視。儒教の特性の中で面白いのは、あらゆる問題を「人の心」に還元する。課題の解決方法は、聖人の思想を学ぶこと。聖人の思考パターンを自分の中にインストールせよ。
  • 法家:今の時代の法律とは違い、国を君主が治めるために、法(罰則)を徹底する。
  • 荀子稷下の学士(中国の戦国時代、斉の国都である臨淄に集まった学者たち)の学長となる。儒教思想に法家思想を盛り込む。
  • 儒家は古き良き時代に立ち戻れ、法家は皇帝がトップに立ってシステマチックに直接統治、ということで、理念が違う。始皇帝は法家寄りなので、排除していった。
  • 次回は漢の時代。教育システムは、中国において大きな変更なし。漢の時代にシステムとして確立されて、のちの時代にカスタマイズされていく。中身は、時々道教や仏教が入るが、儒教ベース。
  • 帝国スタイルでしか統治できない、広い中華大陸→社会システムがある一つの傾向を持ち続ける→教育は社会に規定されるので、教育にもある傾向が出る。漢や隋において、世界最大の官僚国家をつくりあげる。

教育の歴史(コテンラジオ)⑤愛が生まれた日 ~中世ヨーロッパの教育によって「発見」された子どもたち~

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
もうすぐ終わっちゃうのかな?と思うのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#201 愛が生まれた日 〜中世ヨーロッパの教育によって「発見」された子どもたち〜【COTEN RADIO】 by 歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO) • A podcast on Anchor

  • 子どもという概念が,中世ヨーロッパにはなかった。今のように血族関係でつながりを感じていなかった。当時は,父を中心に,その仕事への参加度に応じて関心を寄せられたようだ。
  • 血がつながっていても,機能でしか見られていなかった。キリスト教で禁止されていたものの,(役に立たない子どもは)間引きもされていたようだ。
  • 半分以上は亡くなってしまう,という事情もあったようだ。
    • 吉本興業の例が面白かった。バンバン入ってきてバンバンやめて,「君面白いね」という少数の有望な人に投資する。笑
    • 絵画に登場する子どもも,縮尺がおかしかった(小さい大人,のように描かれている:よく観察される存在ではなかった)。
    • 日本も間引き・中絶は江戸時代まで普通にされていた模様。
  • 子育てを生業としている貧しい人に預けられて,死んだら死んだで仕方ない,という感じ。
    • 動いたら邪魔だから,赤ちゃんをぐるぐる巻きにして壁につるしていたらしい。すご!
  • 徒弟修業が大学という教育に代わって(わりと上流階級の話とのこと),子どもへの眼差しも変わった。
    • 当時の「大学」は,今と異なり,8-9歳の子どもたちも行っていたらしい。その年齢の子どもたちを集めるという現象が生まれ,その年代の「社会」として認識される。
  • つまり,子どもに対して見返りのない投資を行うことになった,ということ。
    • 大学に行って,出世してくれたらいいな,という願いがあったようだ。
    • これにより,子どもの人数が減り,大切に育てるようになった。見返りのない投資を行うには,愛情がないとやっていけない。
    • この時期の子どもの親への手紙の中に「愛しい母へ」のような文言が出るようになったとのこと。へーっ!
    • 死亡率が高いから,愛情をいちいち注いでいたら心を病んでしまっただろう,という指摘も。たしかに…。
  • 一人あたりの個体が生む子どもの数が減っているということは,「違う種族になってきている」とも言えるのでは,ということも言われていた。なるほどね。
  • 平均寿命が延びたことも原因では。すぐ死ぬと思っていたら,愛情を注ぎづらい。
  • また,こうした子どもという概念の発見には,ルソーらの啓蒙思想も影響しているだろう。人文主義エラスムスなど)も。古代ギリシアの学問を勉強し始めた人たちが,必ずしもキリスト教的ものの見方だけではない,という潮流が生まれたことも一因。

教育の歴史(コテンラジオ)④ユニバーシティ?カレッジ?世の中に知識人を輩出する「大学」のルーツ

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
もうすぐ終わっちゃうのかな?と思うのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#200 ユニバーシティ?カレッジ?世の中に知識人を輩出する「大学」のルーツ【COTEN RADIO】 by 歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO) • A podcast on Anchor

  • 今回は大学!12世紀後半から13世紀後半。人の集まりのことを「大学」と呼んだ。コミュニティであり,建物も当初は持っていなかった。12世紀後半から,職業としての知識人が現れた。知識人であるだけでお金がもらえるようになった。社会が豊かになったことが一因。
  • 教会権力,政治権力,皇帝権力などさまざまな権力との交渉で,自治権などを獲得していった。
  • 都市単位での生活が基本となる中で,商人や修道士は都市間を移動。メディアとなっていく。知識がたまっていく。都市に規定されない。
    • 大学が持っている越境性や独立性は,このあたりに端を発するもののようだ。
  • 都市が発展すると,読み書きそろばんニーズも増す。(会社が大きくなると,直接売り上げは上げないけど必要,というバックオフィス業務が増える,という説明があった。なるほど!)
  • 古代ギリシアで勃興した哲学・自然科学は,中世ヨーロッパには直接引き継がれず,アラビア語に翻訳され,イスラーム世界に蓄積されていた。そこから逆輸入を始める。
  • universityは,ウニヴェルシタという「組合」を語源にする言葉。ボローニャ大学が最初。その前のローマは,教皇と皇帝が叙任権闘争で争っていた。自治都市も,自分たちの権利を論証する必要が出てきて,法学を学ぶ必要が出てきた。法学の学生が集って組合をつくり,universityになっていった。
  • もともと学生と教師は今で言う家庭教師的な関係だったが,規模が拡大すると,教師は組合団体に雇われるようになった。
  • パリ大学の形成過程は,ちょっと違う。学生らに対抗する,教師らの組合。これがカレッジ。教師らは,学位授与権を持つことで,生徒たちに対抗した。当時の権力からこの学位授与権を(組合として一致団結して)認めてもらった。
  • 大学が学位を与えることができるということは,権威を自ら再生産できる。小中とレベルが違う。大学は博士をつくれる。権力からある程度距離をとって自治的に学問を深められたことで,この後の時代にかなり自由な発想を展開する。
  • ボローニャ大学パリ大学の学位取得者を中心として,ヨーロッパ全土に大学が広がる。
  • アリストテレス古代ギリシア的考え方が,キリスト教会の中にも少しずつ浸透。これがルネサンス宗教改革ルネサンスフランス革命に影響を与えていく。


権威を自ら再生産できるとか,たしかに重要なポイントだよなあ。そしてここの自治的な空気が,今後の思想展開に影響しているとか,胸アツ!

教育の歴史(コテンラジオ)③「よそはよそ!うちはうち!」中世ヨーロッパの日常が生んだ教育の多様性

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
もうすぐ終わっちゃうのかな?と思うのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#199 「よそはよそ!うちはうち!」中世ヨーロッパの日常が生んだ教育の多様性【COTEN RADIO】 by 歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO) • A podcast on Anchor

  • 今回は,ローマ帝国が滅びて,各国が分立し,キリスト教がおこってからのお話。言語も貨幣も都市計画も一つのところが決めていたのが,分立して,教育に何が起こるか。
  • 大きく2つに分かれる。前半:修道院,後半:大学。大学がおこるには,諸国並立の状況が必要だった。
  • 修道院での教育は,日常生活の中で行われた。徒弟制度。座学という感じではなく,生活の中での行為そのものが今で言う教育として扱われていた。国家とか政治的権力とは遠い。詩の朗読とか暗唱も一部入っている。年齢階層別に生活することをしていなかったので,常に大人と居る。仕事場に3歳くらいの子どもがいて,そこで学んでいる。
  • 自分の仕事は教えること,と思っている人はいない。
  • この時代,ギルド,というものがあった。都市単位,職業単位の組合。仕事を融通しあう。統一権力によって規定されていた時代(ローマ帝国時代)ではなくなったので,教会勢力は強いが国家権力は弱い。自らお互いを助け合うニーズが生まれる。生産・販売をギルド内で寡占することでお互いを守る。そして親分(マイスター)が後進を育てる。住み込みで職人は学ぶ。その後諸国を遍歴し,「マスターピース」をつくる。それがマイスターに認められると正式なギルドメンバーになれる。12世紀以降は基本的にこういうシステムがあった。
    • ちなみに産業革命時,一番の抵抗勢力になったのは,このギルド。技術革新によって教育の内容も変わるし,それまで承継されて来た知識やスキルが価値を持たなくなる。
    • 騎士とかナイトとかもこのギルドで育成される。技術や教養を身につける。女性を大切にしなくてはいけない,とか。
  • 大学,というのも1つのギルド。知識人ギルド。ギルドがギルドして,国家権力や教会権力と比較的独立して生まれることができて,独立的に自治ができた。利害一致している人たちが集まって相互補助をするというのが当たり前の世の中。知識人は知識人同士つながって,自由な発想をつかうことができた。これがルネサンスにつながった。
  • 政治権力の分散→思想家大量発生→世界とはなにか?を再考→社会が変わる→教育が変わる,というサイクル。
  • 次回は大学の誕生。日本の高等教育と,大学の違いとは?

この「技術革新によって教育の内容も変わるし,それまで承継されて来た知識やスキルが価値を持たなくなる」というのは,本当に常に我が身をふり返らなくてはいけないところだよなあ。たとえば英語スキルの本質的な価値ってなんなんだろう?とか。

教育の歴史(コテンラジオ)②論破おじさん・ソクラテスの遺志を引き継ぎし古代アテネの教育スタイル

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな~」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
もうすぐ終わっちゃうのかな?と思うのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#198 論破おじさん・ソクラテスの遺志を引き継ぎし古代アテネの教育スタイル【COTEN RADIO】 by 歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO) • A podcast on Anchor

  • アテネでは公教育があったらしい。
  • スパルタでは強いということが大事だった。強さに特化した教育。強くならなそうな子は殺された。20歳くらいまで体育中心の教育を受けた。スパルタが豊かな証拠。生産活動をしなくてよかった。
  • アテネでは衆愚政治に入ったタイミングで,ソフィストが台頭する(ソフィスト衆愚政治の原因という説も)。
  • ソフィストは議論で勝てばOK,という考え方。相手を言い負かしても社会は良くならなかった。弁論術に長けただけ(一部のビジネス系YouTuber,という揶揄もw)。
  • ペルシア帝国が攻めてきた。ソクラテス(前470 – 前399)が現れた。ペロポネソス戦争(前431 - 前404)などの大変革期に,このままでいいのか,というこれまでの社会の見直しが行われた。
  • シュメール・エジプトでは,限定的なスキルを渡そうとしていた。王様の補佐役が必要だったから。
  • アリストテレス(前384 - 前322)の説いた教育は,国家の責任において,全生涯に渡って教育をするもの。民主主義なので,自分たちで考えなくてはいけないから。国家は民衆そのもの。教育の重要性に気づいた始まり。今リベラルアーツが必要とCOTENの人が考えているのと同じ。自分の生き方を自分で生涯にわたって考え続けなくてはいけない。
    • ここでは優生主義的な思想が見られる。どうやって優秀な支配者を生むか。
  • アテネの国力はこの間落ち続ける。アレクサンドロス大王(前356 - 前323)の東方遠征によって,アテネは敗れた。
  • 徳を求めるようになった。これは「人に言うことを聞いてもらう必要が出てきた」からではないか。中国でも,ローマでも,ギリシアでも徳を求めるようになったのは,腕力では限界があるから,ということはありそうだ。
    • みんながご飯食べられてない時代は腕力が強ければ人は言うことを聞いたかもしれないが,人々の生活が安定してくると,お互いへの信頼関係・人格・教養,というようなものが必要になってくる。
  • 合意形成のコストを考えると,国家統治のフォーマットをどうつくるかは,とても大切。中国だったら儒教,ヨーロッパだったらキリスト教とか。どういうフォーマットをつかって合意形成をしていくか。
    • 武力統治から人格や哲学による統治になった(複雑化・高度化した)のは,人間が成長したから,というように捉えていたが,社会の変容によるものだったのだな,と気づいた。
    • いかに我々が社会に規定されているか。
  • 今回のポイントは,古代のエジプトやシュメールと違うものがギリシアやローマで生まれている。社会的な状況の違いがカギ。自らを主体的な政治参加者と捉えているかどうかが違い。

—世界について考え直すことができたのは,ペルシアの侵攻といった外的要因と,基本的には暇だったという内的要因がある。

今回の後半,示唆に富んでいるよなあ。ぼくらは社会に規定されている。さて,今の教育システムが映す社会の様相とは?でもその順番で考えるのは本当はおかしくて,今どういう社会なのか?を考えることで,きっとそこに必要な教育のスタイルが見えてくるんだろう。

教育の歴史(コテンラジオ)①教育の歴史 ー人間は何のために学ぶのか?ー

COTEN RADIO コテンラジオ オフィシャルサイト
最近このポッドキャストをよく聞いている。歴史は詳しくないけど,深く学んだ人たちの話を聞くことで「面白いな〜」と興味がわく。
そして,最近「教育」をテーマにシリーズが始まった。
もうすぐ終わっちゃうのかな?と思うのだけど,めっちゃ面白かったので,メモしていきたいと思います。

#197 教育の歴史 ー人間は何のために学ぶのか?ー【COTEN RADIO】【アーリーアクセスは2021/7/26 15時頃に配信予定】 by 歴史を面白く学ぶコテンラジオ (COTEN RADIO) • A podcast on Anchor

  • 子どもに教育するという概念も,歴史的にみると比較的最近出てきた。教育が出てきたのは中世くらい。
    • 農民に生まれて農民に死ぬ人に,哲学なんかを教える必要はなかった。実践の中で必要なスキルを教えるだけだった。
  • すべてが「生きる」だった。
    • 近代になると分業が進み,専門的な「教育」が必要になってきた。
  • 一回教育のことを忘れて聞いてください。年齢区分で分けたりせず「子ども」という概念もなかった。
  • 教育を考える上で,「教育コストを誰が負担したか」を考えるのは大切。教育は,とてもコストがかかる。社会の中でのニーズに合わせて教育の形も変わる。教育は社会のニーズを映す鏡。
  • 座学を人間が始めたのは,メソポタミア。教育は,読み書き計算できる人を生む,というニーズが最初。そのニーズを持っていたのは,政府であり,家庭ではなかった。家では別に文字がなくても生活できた。中世で学校がなかったのは,政府にそのニーズがなかったから(農民に文字が読めるようになってもらう必要がなかった)。
  • シュメール文明に教育が必要だったのは,交易ニーズがあったから。
  • シュメール語を学校で教えていたが,徐々に生活言語がアッカド語に移っていった後も,学校ではシュメール語を使っていた(アッカド語が十分に洗練されていなかった/シュメール語は正式な言語として格式高い位置づけを得ていた)。
  • 政府が行政ニーズを持ち始めると,書記が必要になり,教育コストを払い始める,ということが古代国家に共通して見られた。