さんだーさんだ!(ブログ版)

旧「◯◯な英語教員に、おれはなる!!!!」 - 大学院を終え、2015年度より中高英語教員になりました。

英作文テーマの貧弱さ

生徒に英作文の添削を頼まれた。

家庭におけるテレビの良い面と悪い面について,自分の考えとその理由を述べる。80-100語程度

彼の作文自体は特に問題なく書けているんだけど,このテーマにもやっとしてしまった。
前の段落で良い面について書いた,その舌の根も乾かぬうちに,次に悪い面を列挙する。しかも,自分の考えもともに。うーん。

たとえば新聞等で中立的な書き方が求められている場合,Aさんはこう言って賛成していて,Bさんはこう言って反対しています,的な書き方をすることはあるだろう。
でも,自分の考えを書きながら,良い面と悪い面を併記して終わる文章って,なんか変じゃない?

そう思って同僚の国語の先生に聞いてみたら,たしかに変だね,と。国語の小論文でこんなことあります?と聞いたら,そんな浅いテーマはないよね,と一蹴。
チーン,と思ってしまいましたとさ。

良い面について述べた後で, “Yet TV might be harmful when parents recklessly use it as a baby-sitter. For example…”なんて書いたら,どうなんだろう。そっちの方が,自分としては良い面が多いと考えるけど,悪い使い方もあるから注意しましょうね,という筆者の立場が見えて,より良い文章な気がするのだけど。

夏休み中は,フォームを作っておいて生徒の英作文を送ってもらって,web添削なんてのをやってみようかな。
自分が高3の時も,先生がやってくれて,かなり役に立った気がするし*1

*1:明らかに,試験が迫ってくるとじゃんじゃん英作文が送られてきて自分の首を絞めるという諸刃の剣でもある。笑