さんだーさんだ!(ブログ版)

旧「◯◯な英語教員に、おれはなる!!!!」 - 大学院を終え、2015年度より中高英語教員になりました。

主語とかがないとかあるとか

アキレス腱は順調に快復していっています。装具をはめて「サイボーグ」「強そう」などと言われ,おそらく学校で一番背が高い状態になっておりますが,実際にはバランス悪いので弱いサイボーグであります。
ただ,装具を履いて歩くことがリハビリらしいので,そこはしっかり出歩いていきたいところ*1

ほんで高3の最初の模試がおしまい。
物語文は,前後から内容を推測しづらいから,ちょっと読みづらいのかなあ。生徒の中には,「去年から図書館のペンギン・ブックス読んでたから先生の問題はすらすら読めた」って人もいたから,慣れの問題なのかもしれない。

日英比較して,主語の有無が物語の読解に関わってるっぽいよね,という問題で締めたんだけど,それに関して最近思った小さいこと。



もう27歳になるわけですよ*2。胸を張ってアラサーと言える歳。
仲良くつるんで傷をなめあっていた後輩にも彼女ができる年頃。


そんなわけで別の地元の友だちと傷をなめあってるんだけど,そこで出た話。
こないだは地元の公園で飯食ってたんだけど,15時くらいになると幼稚園帰りらしいお母さんと子どもであふれる。


「かわいいね」
「そうだね」
「こっちではお母さんと子どもが遊んでて,あっちではおじいさんおばあさんがゲートボールしてるの,なんか面白いね」
「人生の縮図だね。桑田佳祐のPVとかに出てきそう」
「ああ,3箇所くらいで桑田さんが歌う感じね」
「そうそう。人生の縮図」
「縮図いいたいだけでしょ」
「うん。あたしいいこと言ったな,もっかい使おうって思った」
「てか大学の同期が2人目出産だって」
「マジ。あたしの友だちも2人目産まれたって。あたしまだ1人目にも会ってないのに」

さて。
問:以上の会話の最後のセリフ「あたしまだ1人目にも会ってないのに」を英訳しなさい。
いかがでしょうか。

俺はとっさに,こんな文を考えた。別に英訳したわけじゃないけど,状況として。

“I haven’t met my first kid yet.”

ずいぶん詩的な表現をするなあと思っていたら,

「1人目産まれた時から会おう会おう言ってるんだけど,行けてないんだよねー」

“I haven’t met HER first kid yet.”かー。

日本語は,主語も省略できるけど,所有格もか,と勉強になりました。

「なんだ,私は私の1人目にも巡り合ってないのに,って意味かと思った。オシャレだなーって」
「違うよ。相手すらいないのに」
「わはは」
「あははは」

のんびりしてから,ポルノの「曖昧なひとたち」を聴きながら病院へ。装具を修正してもらう。はやくちゃんとなるといいなー。

*1:ただし段差のないところをw

*2:5/12が誕生日でありますので,みなさまどうぞよろしくお願いいたします

広告を非表示にする