さんだーさんだ!(ブログ版)

旧「◯◯な英語教員に、おれはなる!!!!」 - 大学院を終え、2015年度より中高英語教員になりました。

『状況別・場面別英語にするとこうなる使える口語表現』読了・明日から始まる!!

15分で備忘録!シリーズ。(マジで授業準備しなくちゃだからホント15分で書く!!)

状況別場面別 英語にするとこうなる 使える口語表現

状況別場面別 英語にするとこうなる 使える口語表現

こちら読み終わりました。
Twitterでおすすめしている人がいて買う、といういつものパターン。笑
や、でもたしかにかなり自然な、こなれた表現ばかりだった気がする。

"Aren't they adorable!(p. 235)"みたいな、強意の倒置は、最近使えるようになってきたかもな、くらい。
「よくやった!」の"Way to go!(236)"は、別のところで「学んだ」んだけど、なんでこうなるのか意味わからんよね。

適当にパラパラみて、わかるけど使えないよなーってのばかりです。適当にあげるけど、特に意図があるわけじゃなく、ホントに目についたやつを適当に。笑

  • "Correct me if I'm wrong.(96)" - 間違ってたら教えてください。
  • "Didn't I tell you?(96)" - 言ってなかったっけ?
  • ”I'm new at this.(73)" - 初めてです。
  • "Making any progress? (70)" - 進捗どうでしょう。
  • "Do we have a say in this? (71)" - 発言権はあるのか?
  • "You don't sound convinced. (68)" - 自信なさげだね。
  • "We're not there yet. (68)" - まだまだですね。
  • "It's taken care of. (64)" - それならもう片がついてる。
  • "I blew it. (63)" - 台無しにしてしまった。
    • これに関して、blowの過去形が/blu:/であって、/blju:/じゃないことを、今朝知った*1

こうやって教壇に立ちながらも、たくさん間違えるんだろうなあ。。

というわけでですね、明日から勤務開始です。入学式やら始業式やらあって、授業は木曜からだけど。
そろそろホントに本腰入れて授業準備せなならん。
勉強も並行して続けられるといいなあ。

ちなみに、次のトイレ読書はこちら。

英語クリーシェ辞典―もんきりがた表現集

英語クリーシェ辞典―もんきりがた表現集

…当分読み終わらなそうねw

広告を非表示にする